Скачать презентацию XXXX株式会社 御中 提案書 と書く 大量メール配信システム 提案書 Øメール配信システムの高性能化と運用負担軽減の両立 Ø 個人情報保護法などに配慮した高度なセキュリティ対策 Ø運用や機能の変更に即応できるメール配信プラットフォーム構築 顧客の期待するベネフィットにストレートに応える 2008 4 XX Скачать презентацию XXXX株式会社 御中 提案書 と書く 大量メール配信システム 提案書 Øメール配信システムの高性能化と運用負担軽減の両立 Ø 個人情報保護法などに配慮した高度なセキュリティ対策 Ø運用や機能の変更に即応できるメール配信プラットフォーム構築 顧客の期待するベネフィットにストレートに応える 2008 4 XX

6f91515a27f3d29545bbf8bebe780ed3.ppt

  • Количество слайдов: 15

XXXX株式会社 御中 「提案書」と書く 大量メール配信システム 提案書 Øメール配信システムの高性能化と運用負担軽減の両立 Ø 個人情報保護法などに配慮した高度なセキュリティ対策 Ø運用や機能の変更に即応できるメール配信プラットフォーム構築 顧客の期待するベネフィットにストレートに応える 2008/4/XX 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。 XXXX株式会社 御中 「提案書」と書く 大量メール配信システム 提案書 Øメール配信システムの高性能化と運用負担軽減の両立 Ø 個人情報保護法などに配慮した高度なセキュリティ対策 Ø運用や機能の変更に即応できるメール配信プラットフォーム構築 顧客の期待するベネフィットにストレートに応える 2008/4/XX 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

はじめに あまり読まれる部分ではない。提案の成否には影響なし。 ただ、この部分がないと体裁が整わない。最低限の変更で使い回しできる内容とする。 変更部分  御社におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。  平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。  また、この度は御社「大量メール配信システム構築」のご計画にあたり、弊社にご提案の栄を賜りました ことを重ねて御礼申し上げます。  今回の提案は、御社のベネフィット実現を最優先に検討を重ねて参りました。その結果、御社に必ずや ご満足頂けるものと自負しております。  また、弊社は、本プロジェクトを成功裏にお納めできるよう、最大限の努力を払う所存です。ご存知の通 り、弊社は、ABC研究所とともに数多くの先進的なプロジェクトを経験して参りました。このようなテクノロ ジ・インテグレーターとしての実績を踏まえ、経験豊富なエキスパートが、本プロジェクトを担当させて頂き ます。 はじめに あまり読まれる部分ではない。提案の成否には影響なし。 ただ、この部分がないと体裁が整わない。最低限の変更で使い回しできる内容とする。 変更部分  御社におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。  平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。  また、この度は御社「大量メール配信システム構築」のご計画にあたり、弊社にご提案の栄を賜りました ことを重ねて御礼申し上げます。  今回の提案は、御社のベネフィット実現を最優先に検討を重ねて参りました。その結果、御社に必ずや ご満足頂けるものと自負しております。  また、弊社は、本プロジェクトを成功裏にお納めできるよう、最大限の努力を払う所存です。ご存知の通 り、弊社は、ABC研究所とともに数多くの先進的なプロジェクトを経験して参りました。このようなテクノロ ジ・インテグレーターとしての実績を踏まえ、経験豊富なエキスパートが、本プロジェクトを担当させて頂き ます。  また、運用開始後におきましても、長年の運用支援サービスの実績を基盤に、システム保守から運用 支援まで幅広いメニューをご用意し、全社を挙げたサポートをお約束致します。  つきましては、よろしくご検討を戴き、何卒弊社にご下命賜りますようお願い申し上げます。 2008年 4月15日 ABCソリューションズ株式会社 システムソリューション営業本部 本部長 ○○ ○○ だれに提出するかにもよるが、原則として本部長以上。 01 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

もくじ ここで勝負が決まる。ここに時間と知恵を傾ける。 3部構成が原則 I. 要約編 1. 2. II. 3. 前提・・・・・・・・・ 4 御社要求事項への対応 ・・・・・ 本提案の概略・・・・・・・ もくじ ここで勝負が決まる。ここに時間と知恵を傾ける。 3部構成が原則 I. 要約編 1. 2. II. 3. 前提・・・・・・・・・ 4 御社要求事項への対応 ・・・・・ 本提案の概略・・・・・・・ 2. 3. 4. 5. 6. 開発方針・・・・・・・・ 8 システム構成・・・・・・・ スケジュール・・・・・・・ 体制・・・・・・・・・ 11 成果物・・・・・・・・ 12 費用計画・・・・・・・・ 9 10 13 詳細編 1. 実現手段・・・・・・・・ 15 1. 2. 3. 4. 2. 3. 4. ソフトウェア プラットフォーム ネットワーク 開発 スケジュール・・・・・・・  体制・・・・・・・・・ 44 1. 2. 02 5 6 概要編 1. III. lお客様の期待するベネフィットに応えているのか? l簡潔明瞭でわかりやすいか? l美しいか(セクシーか)? 42 開発体制 保守体制 費用計画・・・・・・・・ 53 補足資料。検討してきた資料や既存の資料が素材。体裁を整えること。 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅰ. 要約編 この要約編の3ページで、顧客が提案を受け入れるかどうかが決まる。 ここで顧客が関心を示さなければ、その後の説明は、時間の無駄。 03 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。 Ⅰ. 要約編 この要約編の3ページで、顧客が提案を受け入れるかどうかが決まる。 ここで顧客が関心を示さなければ、その後の説明は、時間の無駄。 03 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅰ-1. 本提案の前提(又は、背景) ■ 現状の課題 お客様と同じ土俵にいることを確認するページ。 ここがずれていると、後は続かない。 ■ 課題への対策 l配信メール先の急増 (2007/3)X万通 →  (2007/3)X万通 l配信メールの種類の増加 (2007/3)X種類 →  (2007/3)X種類 l管理運用コストの削減要請 Ⅰ-1. 本提案の前提(又は、背景) ■ 現状の課題 お客様と同じ土俵にいることを確認するページ。 ここがずれていると、後は続かない。 ■ 課題への対策 l配信メール先の急増 (2007/3)X万通 →  (2007/3)X万通 l配信メールの種類の増加 (2007/3)X種類 →  (2007/3)X種類 l管理運用コストの削減要請 l メール配信能力の強化 l 運用負担の軽減と要員の削減 Ø 管理機能の一元化 Ø 操作の簡素化  前年実績 15%削減 ■ 要求条件 Ø御社からご提示いただいたもの l運用開始時期 l配信処理性能 l開発・導入費用 : 2008年 9月(本番開始) :XX万メール/時間 :XXXX万円(初年度) Ø弊社にて想定させていただいたもの l多機能 l変更容易性 l安全性 lスケーラブル l互換性 04 :高度な処理要求にも対応 :機能変更等に容易に対応 :操作履歴の管理と個人情報漏洩対応 :メール配信量増大に迅速・柔軟に対応 :現行と同一のプラットフォーム(運用スキルの継承) 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅰ-2. 御社要求条件への対応 顧客の要求に対して、回答をストレートに表現する。ここでだめなら、以降を説明する必要なし! 要求条件 弊社からの提案 Ø御社からご提示いただいたもの l運用開始時期 l配信処理性能 l開発・導入費用 : 2008年 9月(本番開始) :XX万メール/時間 :XXXXX万円(初年度) Ⅰ-2. 御社要求条件への対応 顧客の要求に対して、回答をストレートに表現する。ここでだめなら、以降を説明する必要なし! 要求条件 弊社からの提案 Ø御社からご提示いただいたもの l運用開始時期 l配信処理性能 l開発・導入費用 : 2008年 9月(本番開始) :XX万メール/時間 :XXXXX万円(初年度) ○ 2008年 9月 運用開始(一部機能制限*) ◎ XX万メール/時間以上(拡張も容易) ◎ XXXX万円(初年度) Ø弊社にて想定させていただいたもの l多機能 高度な処理要求にも対応 l変更容易性 機能変更等に容易に対応 l安全性 操作履歴の管理と個人情報漏洩対応 lスケーラブル メール配信量増大に迅速・柔軟に対応 l互換性 現行と同一のプラットフォーム(運用スキルの継承) 05 l実績ある部品化された機能モジュール lウエブ・アプリ開発支援ツール 「XXXX」 lセキュア・プラットフォーム「XXX」 l並列配信・サーバー追加で段階的に拡大 l現行と同一プラットフォーム(Oracle/SUN) 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅰ-3. 本提案の概略 提案を受け入れたとして、次に顧客が知りたいポイントは、「今までとどう変わるのか」ということ。 現行システム 新規提案システム 個々のメールサービスに特化した、配信管理システム Øシステム毎に異なるインターフェイス Øシステム毎に異なったID/PWでサインオン Ø業務システム毎に異なったレイアウト、操作手順 個別システム 事前請求 お知らせ メール ユーザ Ⅰ-3. 本提案の概略 提案を受け入れたとして、次に顧客が知りたいポイントは、「今までとどう変わるのか」ということ。 現行システム 新規提案システム 個々のメールサービスに特化した、配信管理システム Øシステム毎に異なるインターフェイス Øシステム毎に異なったID/PWでサインオン Ø業務システム毎に異なったレイアウト、操作手順 個別システム 事前請求 お知らせ メール ユーザ 情報 . ABC. com メール ユーザ 情報 その他の メルマガ ・・・ ユーザ 情報 将来配信 される メール ユーザ 情報 統一されたWebインターフェイス メール・サービス毎に利用者や利用権限をきめ細かく管理 サービス毎に異なる機能設定が画面から設定可能 ユーザー情報の一元化により、個人情報保護法対策(開示、利用停止 等への対応)を実現 顧客の利用サービスの変更、停止等に容易に対応 共通システム 新・電子メール 配信サービス ユーザー 管理情報 共通管理画面 システム 管理情報 メール 配信 エンジン 共通メール管理プラットフォーム メール 配信 エンジン 共通メール配信エンジン アプリケーション システム 事前請求 お知らせ メール . ABC. com メール その他の メルマガ ・・・ 将来配信 される メール 左右または、上下に分けて比較する描き方は、説明を受ける側にとって大変わかりやすい。 06 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ. 概要編 要約編のもう少し詳しく説明する。「Ⅲ.詳細編」の要約編に相当。 07 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。 Ⅱ. 概要編 要約編のもう少し詳しく説明する。「Ⅲ.詳細編」の要約編に相当。 07 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ-1 -1. 開発方針 提案は、必ず階層化または、構造化されるはず。その階層または、構造に従った提案内容(= 結論)とその提案理由を記載する。 この階層や構造は、「Ⅲ. 詳細編」の目次と一致させることが望ましい。 【提案内容】 ■アプリケーション 【提案理由】 ■スケジュール ■体制 ●開発体制 ●保守体制 Ⅱ-1 -1. 開発方針 提案は、必ず階層化または、構造化されるはず。その階層または、構造に従った提案内容(= 結論)とその提案理由を記載する。 この階層や構造は、「Ⅲ. 詳細編」の目次と一致させることが望ましい。 【提案内容】 ■アプリケーション 【提案理由】 ■スケジュール ■体制 ●開発体制 ●保守体制 08 実績に裏打ちされた信頼性 ORACLEとSUNをプラットフォームとして採用 運用担当者のスキル継承と既存システム資産の有効 活用を考慮 個人認証ならびに利用者の職務権限による利用機能 並びに利用データの制限を効率的に管理 顧客情報の安全性を考慮 基本システム9月本番稼働 拡張システム11月本番稼働 ■ネットワーク 短期開発と部品化による性能保証、変更や保守の容 易性を考慮 実績ある現行セキュア・ネットワークNNS上に、 本システムを配置 ●基本ソフトウェア 弊社ウエブ・アプリ開発支援ツール「XXXX」により各 種アプリケーション・システムを構築 セキュリティ・プラットフォームとして弊社開発「X XXX」を採用 ●ミドルウェア 将来のアプリケーション・メニューの追加、機能の拡 張に対して、柔軟性を確保するため メール配信機能には、自社開発の高速メール配 信エンジンを利用 ■プラットフォーム アプリケーション毎のモジュール化ではなく、 システム機能単位でのモジュール化 システム品質、運用品質の確保 オペレータの習熟と運用ノウハウの蓄積 ABC-ATによるISO 9001: 2000に基づく開発管 理体制 厳格な開発基準に基づく、高品質な システム開発 システム   :ABCシステム開発(株) プラットフォーム:(株)BBCシステム 御社対応の実績と既存システムを熟知して いることで、安全確実な保守運用が可能 ここでも、左右または、上下に分けて比較する描き方をする。説明を受ける側にとって大変わかりやすい。なお、結論を先 に記載すること。 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ-1 -2. システム構成 できるだけシンプルに!詳細な説明は省き、1ページで全体を把握できること。 「XXXX」 共通メール管理プラットフォーム メール配信管理機能 ウンスメール解析機能 オペレータアカウント機能 レポート管理機能 HTMLメール開封・ リンククリック率測定機能 XXXXXX機能 共通メール配信システム Ⅱ-1 -2. システム構成 できるだけシンプルに!詳細な説明は省き、1ページで全体を把握できること。 「XXXX」 共通メール管理プラットフォーム メール配信管理機能 ウンスメール解析機能 オペレータアカウント機能 レポート管理機能 HTMLメール開封・ リンククリック率測定機能 XXXXXX機能 共通メール配信システム データ管理機能 システム 管理情報 ユーザー 管理情報 ORACLE 事前請求額お知らせメール 自社開発・高速メール配信エンジン 一部修正 高速メール送信機能 SUN Fire Vシリーズ NNS網 ファイヤーウォール 基本システムで実現される機能 09 XXXXXX網 拡張システムで実現される機能 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ-1 -3. スケジュール 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 基本システム 本番開始 スケジュールの要約を記載す る。この程度のシンプルさで十 Ⅱ-1 -3. スケジュール 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 基本システム 本番開始 スケジュールの要約を記載す る。この程度のシンプルさで十 分。 11月 全システム 本番開始 全システム 本番稼働 基本システム 開発・試験 要約→ 12月 企画 検討 拡張システム 開発・試験 御社ご承認 御社レビュー 運用規定 最終確定 本番開始 運用状況評価 要件定義 概要→ 設計/開発(基本システム) 試験 御社レビュー 設計/開発 (拡張システム) 010 試験 本番開始 運用状況評価 お客様が知りたいのは、お客様自身が関わる部分だけ。たとえば、承認/レビュー/本番開始等がわかれば十分。 このページでは、できるだけ内容をそぎ落として、シンプルに!詳細は「Ⅲ.詳細編」に記載する。 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ-1 -4. 実施体制 御社 コンシューマ・サービス部様 管理・統轄/開発 管理・統轄 ABCソリューションズ lネットワーク事業本部 lシステムソリューション事業本部 ABCシステム開発(株) プログラム 開発体制 (株)BBCシステム プラットフォーム Ⅱ-1 -4. 実施体制 御社 コンシューマ・サービス部様 管理・統轄/開発 管理・統轄 ABCソリューションズ lネットワーク事業本部 lシステムソリューション事業本部 ABCシステム開発(株) プログラム 開発体制 (株)BBCシステム プラットフォーム 保守運用体制 「開発体制」と「保守運用体制」に分けるのが一般的。それを一覧できること。 どちらか一方の提案の場合は、その限りではない。 011 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ-1 -5. 成果物 基本システム本番稼働時(2008/8末) n n プログラム・モジュール一式(CD-ROM) システム設計書(印刷物/データ) 試験仕様書(印刷物/データ) 一式 試験結果報告書(印刷物/データ) 一式 一式 一式 Ⅱ-1 -5. 成果物 基本システム本番稼働時(2008/8末) n n プログラム・モジュール一式(CD-ROM) システム設計書(印刷物/データ) 試験仕様書(印刷物/データ) 一式 試験結果報告書(印刷物/データ) 一式 一式 一式 拡張システム本番稼働時(2008/10末) n n 012 プログラム・モジュール一式(CD-ROM) システム設計書(印刷物/データ) 試験仕様書(印刷物/データ) 一式 試験結果報告書(印刷物/データ) 一式 一式 一式 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅱ-6. 費用計画 見積書ではない!大きなくくりで、簡潔明瞭に! (単位:千円/税別) 総額 ソフトウェア ハードウェア システム開発 システム保守 運用 013 一括費用 XXXX 年額費用 Ⅱ-6. 費用計画 見積書ではない!大きなくくりで、簡潔明瞭に! (単位:千円/税別) 総額 ソフトウェア ハードウェア システム開発 システム保守 運用 013 一括費用 XXXX 年額費用 補足説明 XXXXXX 年額費用は、2年目以降 XX, XXX - ○XXXXXXXXX - X, XXX ○XXXXX 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。

Ⅲ. 詳細編 検討してきた資料や既存の資料を整理して掲載する。時間的な制約もあり、できるだけ作業負担 を省きたいところ。ただし、以下は、最低限対応すべし。 1.サブジェクトに沿った資料の配置 2.サブジェクト毎の項目設定を統一する 3.タイトルおよび内容説明の形式やフォント、文字サイズの統一 見栄えのいいデザイン、レイアウトへの再構成については、優先順位をさげてもいい。 014 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。 Ⅲ. 詳細編 検討してきた資料や既存の資料を整理して掲載する。時間的な制約もあり、できるだけ作業負担 を省きたいところ。ただし、以下は、最低限対応すべし。 1.サブジェクトに沿った資料の配置 2.サブジェクト毎の項目設定を統一する 3.タイトルおよび内容説明の形式やフォント、文字サイズの統一 見栄えのいいデザイン、レイアウトへの再構成については、優先順位をさげてもいい。 014 本資料の情報及び著作権はABCソリューションズ株式会社に帰属します。