Скачать презентацию 情報化学 循環環境 学科 2年前期 1 講義内容 n情報化学とは Скачать презентацию 情報化学 循環環境 学科 2年前期 1 講義内容 n情報化学とは

1cfe87243fd94cb16f8fbde22dac7eee.ppt

  • Количество слайдов: 57

情報化学 循環環境 学科 2年前期 1 情報化学 循環環境 学科 2年前期 1

講義内容 n情報化学とは n化学物質の情報検索 Ø 分子の基本的情報 Ø 分子の構造パラメータ Ø 環境に関わる化合物 Ø プラスチック nデータベースを用いた 化合物の定性と定量 n吸光分析 講義内容 n情報化学とは n化学物質の情報検索 Ø 分子の基本的情報 Ø 分子の構造パラメータ Ø 環境に関わる化合物 Ø プラスチック nデータベースを用いた 化合物の定性と定量 n吸光分析 Ø UV・可視吸光スペクトル Ø 赤外線吸収スペクトル n構造活性相関 Ø QSARとは Ø log Powについて Ø Log Powを用いた毒性 予測 Ø 原子吸光法 Ø GC-MS 2

次の化合物の構造式を示しなさい 1. 2. 3. 4. 5. 酢酸 ベンゼン アセトアルデヒド ニトロベンゼン フェノール 6. アセチレン 7. 次の化合物の構造式を示しなさい 1. 2. 3. 4. 5. 酢酸 ベンゼン アセトアルデヒド ニトロベンゼン フェノール 6. アセチレン 7. ブタン 8. エタノール 9. エチレングリコール 10. テレフタル酸 3

インターネットを用いた情報収集 I. 化合物の情報検索 1. 化合物の索引情報 ü ü 分子式 化合物名(慣用名,国際名) 登録番号(CAS番号,JIS番号) 分子の構造(2次元,3次元) 2. 化合物の性質 ü インターネットを用いた情報収集 I. 化合物の情報検索 1. 化合物の索引情報 ü ü 分子式 化合物名(慣用名,国際名) 登録番号(CAS番号,JIS番号) 分子の構造(2次元,3次元) 2. 化合物の性質 ü ü 物性値(融点,沸点,密度等) スペクトルデータ(GC-MS,UV,IR) 毒性や環境基準 分解性,蓄積性 3. 化関連する法律 ü ü 化学物質審査規制法(化審法) 化学化学物質管理促進法 大気汚染防止法 水質汚濁防止法 4. 情報の源泉(論文の情報)    いつ,どこで(学術雑誌,公的機関 の報告書),誰が発表したか,デー タの信頼性を考える上で非常に重 要. ü ü 実験化学講座 化学便覧  図書館のHPで検索可能 ü 日化辞Web http: //nikkajiweb. jst. go. jp/nikkaji _web/pages/top. html ü 分子の教材データベース     新潟女子短大本間善夫教授のホ ームページ  ü 独立行政法人産業技術総合研究 所 -有機化合物のスペクトルデ ータベース- 4

情報検索:実際に検索を行ってみる。 日化辞Webで実際に「ダイオキシン」で検索 http: //nikkajiweb. jst. go. jp/nikkaji_web/pages/top. html (1) 大まかな検索 (2) 詳細情報 5 情報検索:実際に検索を行ってみる。 日化辞Webで実際に「ダイオキシン」で検索 http: //nikkajiweb. jst. go. jp/nikkaji_web/pages/top. html (1) 大まかな検索 (2) 詳細情報 5

安全性・毒性に関する情報 神奈川県環境科学センターのホームページより 6 安全性・毒性に関する情報 神奈川県環境科学センターのホームページより 6

次の化合物のCAS番号,英語名を調べ なさい 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 安息香酸 トルエン ホルマリン BHC DDT 次の化合物のCAS番号,英語名を調べ なさい 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 安息香酸 トルエン ホルマリン BHC DDT アスピリン PCB 8. アセチレン 9. イソフラボン 10. エタノール 11. ナフタレン 12. オクタノール 7

分子構造の表し方 n 2次元構造 (例)バニリン l 構造式の表記法:molfile   化学構造の原子を節、結合を枝とするグラフ構造で表現され、入力デバイスに書かれた 節点の座標と原子の種別を表すアトムリストと、結合をアトムリストの 2つの要素を指定し て結合の種別と供に表す結合リストから構成される。   SMMXDraw 07291015252 D 分子構造の表し方 n 2次元構造 (例)バニリン l 構造式の表記法:molfile   化学構造の原子を節、結合を枝とするグラフ構造で表現され、入力デバイスに書かれた 節点の座標と原子の種別を表すアトムリストと、結合をアトムリストの 2つの要素を指定し て結合の種別と供に表す結合リストから構成される。   SMMXDraw 07291015252 D 11 11 0 8. 1600 7. 4427 6. 0101 6. 7255 5. 2935 6. 0083 6. 7255 7. 4427 8. 1600 8. 8772 9. 5919 2 1 2 4 2 1 4 3 1 7 4 2 6 5 1 7 6 1 8 7 1 9 8 2 9 1 1 10 9 1 11 10 2 M END 0 0 0 0 -7. 8785 -8. 2898 -8. 2929 -7. 8785 -7. 0516 -6. 6361 -7. 0474 -6. 6276 -7. 0474 -6. 6361 -7. 0516 0 0 0 0 0 0 0 0 0999 V 2000 0. 0000 C 0 0 0. 0000 O 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8

分子構造の表し方 n 2次元構造 l 構造式(Symix. Drawを用いた分子の描画) l 構造式の表記法:Smiles   Simplified molecular input line entry specification 分子構造の表し方 n 2次元構造 l 構造式(Symix. Drawを用いた分子の描画) l 構造式の表記法:Smiles   Simplified molecular input line entry specification syntax)とは、分子の化学構造をASCII符号の英数字 で文字列化した構造の曖昧性の無い表記方法   (例)バニリン O=CC 1=CC(OC)=C(O)C=C 1   (例)ダイオキシン Symix. Drawにより発生させることができる 9

次の化合物の構造式を示し,Smiles表 記を示しなさい。 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 安息香酸 トルエン ホルマリン BHC DDT 次の化合物の構造式を示し,Smiles表 記を示しなさい。 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 安息香酸 トルエン ホルマリン BHC DDT アスピリン PCB(ポリ塩化ビフェ ニル) 8. スミチオン 9. TCE(トリクロロエチ レン) 10. PCE(テトラクロロエ チレン) 11. オクタノール 12. ナフタレン 10

分子のもつ 3次元構造 a. b. c. d. e. f. 名称、CAS番号、分子量 構造式、感応基 分子の三次元構造とそれを表すパラメータ 分子構造の例(医薬品や農薬の構造) どこにあるか:丸善(実験化学講座,化学便覧など): https: 分子のもつ 3次元構造 a. b. c. d. e. f. 名称、CAS番号、分子量 構造式、感応基 分子の三次元構造とそれを表すパラメータ 分子構造の例(医薬品や農薬の構造) どこにあるか:丸善(実験化学講座,化学便覧など): https: //www. chem-reference. com/ Chem. Exper Chemical Directory:http: //www. chemexper. com/

分子の3次元構造の表示 1. 動く香りの分子事典: http: //www. weblio. jp/category/academic/ugoka 2. 動く薬物事典: http: //www. weblio. jp/category/academic/ugoya 3. 分子の3次元構造の表示 1. 動く香りの分子事典: http: //www. weblio. jp/category/academic/ugoka 2. 動く薬物事典: http: //www. weblio. jp/category/academic/ugoya 3. 動く農薬事典: http: //www. weblio. jp/category/academic/ugono 4. 動く高分子事典: http: //www. weblio. jp/category/academic/ugoko 12

次の化合物から3つを選び,その構造式 を示しなさい。更に,特徴的な結合距離, 結合角の値を示しなさい。 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 酢酸 トルエン ホルマリン ニトロベンゼン 次の化合物から3つを選び,その構造式 を示しなさい。更に,特徴的な結合距離, 結合角の値を示しなさい。 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 酢酸 トルエン ホルマリン ニトロベンゼン フェノール アスピリン PCB 8. アセチレン 9. イソフラボン 10. エタノール 11. ビスフェノール-A 12. テレフタル酸 13

次の英語を日本語に,日本語を英語に翻訳しなさい。 n酢酸 n分子 n結合距離 n結合角 nトルエン nビスフェノールーA n. Benzoic acid n. Chemical equation n. 次の英語を日本語に,日本語を英語に翻訳しなさい。 n酢酸 n分子 n結合距離 n結合角 nトルエン nビスフェノールーA n. Benzoic acid n. Chemical equation n. Dihedral angle n. Molecular structure n. Three dimension n. Density n. Million ntrillion 14

環境基準と濃度 3. 大気汚染に係る環境 1. 環境基準:その物質 基準 の持つ有害性のために、 4. 土壌汚染に係る環境 それ以上の濃さでは存 基準 在すると健康に害が及 5. 汚染物質の種類 環境基準と濃度 3. 大気汚染に係る環境 1. 環境基準:その物質 基準 の持つ有害性のために、 4. 土壌汚染に係る環境 それ以上の濃さでは存 基準 在すると健康に害が及 5. 汚染物質の種類 ぶ濃度 2. 濃度の表わし方(モル濃度と重量濃度) ppm(parts per million, 通常,重さの割合) ppb(parts per billion) mol/L(モル濃度) mg/L(質量濃度)

特定の化合物の環境基準 nトリクロロエチレン n検液1㍑につき0. 03 mg以下であること。 n検液 1㍑とは? (a)JISK 0125試験は 業用水及び向上排水中の揮発性 有機化合物のうち,ジクロロメタン,トリクロロエチレンなど のハロゲン化された有機化合物の試験方法 (b)パージトラップ-ガスクリマトフラフ質量分析法 16 特定の化合物の環境基準 nトリクロロエチレン n検液1㍑につき0. 03 mg以下であること。 n検液 1㍑とは? (a)JISK 0125試験は 業用水及び向上排水中の揮発性 有機化合物のうち,ジクロロメタン,トリクロロエチレンなど のハロゲン化された有機化合物の試験方法 (b)パージトラップ-ガスクリマトフラフ質量分析法 16

パージトラップ-ガスクリマトフラフ質量分析法 n ガラス製容器に採取した試料の適量( 0. 5 -25 ml)をガスタイトシリンジを用い てパージ容器に注入する。パージ容器 を高温槽に入れ試料の温度を一定(例 えば 20度または 40度以下)にした後、 不活性ガス(ヘリウムまたは窒素)をパ ージガスとして一定量通気し、試料中 パージトラップ-ガスクリマトフラフ質量分析法 n ガラス製容器に採取した試料の適量( 0. 5 -25 ml)をガスタイトシリンジを用い てパージ容器に注入する。パージ容器 を高温槽に入れ試料の温度を一定(例 えば 20度または 40度以下)にした後、 不活性ガス(ヘリウムまたは窒素)をパ ージガスとして一定量通気し、試料中 に含まれる測定対象物質である揮発性 有機化合物を気相に移動させトラップ 管に捕集する。捕集後、トラップ管を加 熱(例えば 180度または 280度)し、キャ リアーガス(ヘリウム)を通気してトラッ プ管から揮発性有機化合物を脱離し、 冷却凝縮装置(例えば‐ 50度または ‐ 120度)で冷却凝縮(クライオフォーカ ス)させる。次に、冷却凝縮装置を加熱 し、キャリアーガスで揮発性有機化合 物をGC-MSに導入する。 (アジレント・テクノロジーのHPより) 17

化合物の定性と定量 l定性:分子や化合物が何であるかを特定する. l定量:分子や化合物がどれくらい含まれているかを特定する 18 化合物の定性と定量 l定性:分子や化合物が何であるかを特定する. l定量:分子や化合物がどれくらい含まれているかを特定する 18

データベースを用いた既知化合物の検出 1. 無機化合物、元素の定量 2. 有機化合物 u 原子吸光により、量と種類 が同時に特定できる u CP-AES(ICP - Atomic Emission Spectrometry、 データベースを用いた既知化合物の検出 1. 無機化合物、元素の定量 2. 有機化合物 u 原子吸光により、量と種類 が同時に特定できる u CP-AES(ICP - Atomic Emission Spectrometry、 ICP発光分光) u 原子吸光分析法 (Atomic Absorption Spectrometry, AAS) 3. u GC-MS(ガスクロまと グラフと質量分析計) u 定量:検量線を作成す ることにより可能 u 定性:GC-MSのライブ ラリと照合することによ り特定可能 LC-MS(液体クロマト グラフと質量分析計)

原子吸光に関する次の語を説明しなさい n基底状態 n励起状態 n吸収スペクトル nランベルト・ベールの法則 20 原子吸光に関する次の語を説明しなさい n基底状態 n励起状態 n吸収スペクトル nランベルト・ベールの法則 20

無機化合物、元素の定量 n 原子吸光(Atomic Absorption Spectrometry)により、量と種類を同時に測定す ることができる. n 高温媒体として空気-アセチレン炎や亜酸化窒素-アセチレン炎などの化学炎が 主として用いられる。 n 図 2は原子吸光装置の概念図.光源には、中空陰極ランプと呼ばれる、それぞ れ目的元素の原子発光を放射するランプを利用する。一方、試料溶液はバー ナーの炎中に噴霧され、目的元素の原子蒸気をつくる。その蒸気がランプから 無機化合物、元素の定量 n 原子吸光(Atomic Absorption Spectrometry)により、量と種類を同時に測定す ることができる. n 高温媒体として空気-アセチレン炎や亜酸化窒素-アセチレン炎などの化学炎が 主として用いられる。 n 図 2は原子吸光装置の概念図.光源には、中空陰極ランプと呼ばれる、それぞ れ目的元素の原子発光を放射するランプを利用する。一方、試料溶液はバー ナーの炎中に噴霧され、目的元素の原子蒸気をつくる。その蒸気がランプから の光を共鳴吸収する。分光器により目的元素の共鳴原子線を選び出し、その 波長における吸収を測定する。 n 吸光度をA、目的元素濃度をC、原子化部の長さをlとすると、次式が成立する。     A = k×C×l   ここでkは比例定数である。最新の装置では、一度のいくつかの元素の定性・ 定量を行うことができる。 21

元素の特定吸収波長 22 熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設HPより 元素の特定吸収波長 22 熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設HPより

Cu, Znの分析法 n ICP発光分光    ICPによってサンプルを原子 化・熱励起し、これが基底状態 に戻る際の発光スペクトルか ら元素の同定・定量を行う方 法である。 n 原子吸光分析法 (AAS)    試料を高温中(多くはアセチ レン-空気炎中や黒鉛炉中)で Cu, Znの分析法 n ICP発光分光    ICPによってサンプルを原子 化・熱励起し、これが基底状態 に戻る際の発光スペクトルか ら元素の同定・定量を行う方 法である。 n 原子吸光分析法 (AAS)    試料を高温中(多くはアセチ レン-空気炎中や黒鉛炉中)で 原子化し、そこに光を透過して 吸収スペクトルを測定すること で、試料中の元素の同定およ び定量を行うものである。主と して、 場排水などの水溶液中 に含まれる微量元素の検出に 用いられる。特定の波長を発光 する光源が必要となる。 23 熊本大学薬学部附属創薬研究センター 機器分析施設HPより

n「定量分析」について調べなさい。 n検量線を用いて,有機化合物の定量ができる理 由を調べなさい。 24 n「定量分析」について調べなさい。 n検量線を用いて,有機化合物の定量ができる理 由を調べなさい。 24

質量分析計の原理 n  MSは、物質を構成している個々の化合物の質量(重さ)を正確に測定し、その重 さからその化合物が何で、どれ位あるのかを調べる装置。MSの基本原理は、イオ ン(電気を帯びた原子、分子)を一定の速度に加速して磁場の中を通過させてやると、 そのイオンの持っている質量数(重さ)に応じて磁場の強度に より軌道が曲げられる という性質を利用したもので,電子が磁場を通って軌道を曲げられる性質を利用して 作られたテレビのブラウン管の原理と似ている. n 図 a) のように、左から同じエネルギーでイオ ンを加速 質量分析計の原理 n  MSは、物質を構成している個々の化合物の質量(重さ)を正確に測定し、その重 さからその化合物が何で、どれ位あるのかを調べる装置。MSの基本原理は、イオ ン(電気を帯びた原子、分子)を一定の速度に加速して磁場の中を通過させてやると、 そのイオンの持っている質量数(重さ)に応じて磁場の強度に より軌道が曲げられる という性質を利用したもので,電子が磁場を通って軌道を曲げられる性質を利用して 作られたテレビのブラウン管の原理と似ている. n 図 a) のように、左から同じエネルギーでイオ ンを加速 n 磁場の強さを一定にすると、磁場の影響で質 量の小さい(軽い)イオンから順に軌道が,到 達するイオンの位置を検出する質量スペクト ルを得ることによって、定性と定量が可能。 n  実際のMS は、図 b) のようにイオンの軌道 を一定にしておいて、磁場の強さを変化させ ることによって、各イオンの種類と量を一つの 検出器で測定.検出されたものは、質量 スペ クトルといわれ、通常横軸に質量電荷比(m/ z)、縦軸にイオン強度(どれだけの量がある 日本電子㈱のホームページより か)をとった多くのピーク群からなるグラフ(c)) 25 として示されます。

GC/MSによる実際の測定 力 磁力線 電流 フレミングの左手の法則 磁力線の方向 N 電流の方向 S 電磁力の方向 検出されたデータは、あらかじめコンピュータに入っているデータ(ライブラリー)と比 較照合され,化合物が何であるかが特定される. 26 GC/MSによる実際の測定 力 磁力線 電流 フレミングの左手の法則 磁力線の方向 N 電流の方向 S 電磁力の方向 検出されたデータは、あらかじめコンピュータに入っているデータ(ライブラリー)と比 較照合され,化合物が何であるかが特定される. 26

次の問に答えなさい n. C 7 H 8の分子式で与えられる化合物の構造 式,名称,用途を示しなさい。 27 次の問に答えなさい n. C 7 H 8の分子式で与えられる化合物の構造 式,名称,用途を示しなさい。 27

o-cresol m-cresol p-cresol anisole 28 o-cresol m-cresol p-cresol anisole 28

次の問に答えなさい n. C 7 H 6 O 2の分子式で与えられる4つの化合 物の構造式,名称,用途,MSースペクトル の特徴を示しなさい。 benzoic acid tropolone salicylaldehyde 次の問に答えなさい n. C 7 H 6 O 2の分子式で与えられる4つの化合 物の構造式,名称,用途,MSースペクトル の特徴を示しなさい。 benzoic acid tropolone salicylaldehyde p-hydroxybenzaldehyde methyl-p-benzoquinone 29

次の日本語を英語に直しなさい 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 原子吸光分析法 質量分析法 トリクロロエチレン 電流 クレゾール 紫外線 次の日本語を英語に直しなさい 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 原子吸光分析法 質量分析法 トリクロロエチレン 電流 クレゾール 紫外線 赤外線 8. 可視光 9. データベース 10. 有機化合物 11. 基底状態 12. 励起状態 30

次の分子の分子量を計算しなさい n原子量は以下のもの を使いなさい n. H 1. 0 n. C 12. 0 n. N 14. 0 n. O 16. 次の分子の分子量を計算しなさい n原子量は以下のもの を使いなさい n. H 1. 0 n. C 12. 0 n. N 14. 0 n. O 16. 0 n. Cl 35. 5 n. S 32. 0 n安息香酸 n. TCE nホルムアルデヒド nベンゼン nエチレングリコール nグリシン nニトロベンゼン n硫酸 n塩化水素 31

以下の問いに答えなさい n地下水を採取して,そのなかのトリクロロエチレン( TCE)の濃度を測定したところ,2. 30× 10 -6 Mであった. この濃度は,環境基準をこえているかどうかを確認しな さい. n. TCEの環境基準 0. 03 mg/L 以下の問いに答えなさい n地下水を採取して,そのなかのトリクロロエチレン( TCE)の濃度を測定したところ,2. 30× 10 -6 Mであった. この濃度は,環境基準をこえているかどうかを確認しな さい. n. TCEの環境基準 0. 03 mg/L n. TCE(C 2 HCl3)の分子量 12× 2+1+35. 5× 3= 131. 5 n. TCE  2. 30× 10 -6 M=131. 5× 2. 30× 10 -6=0. 302 mg/L n環境基準を超えた値と成っている。 32

分光学分析 n全ての光学分析には電 1. 紫外・可視吸収スペク 磁波が関わっている。 トル n電磁波は波長の長さに 2. IR(Infra Red、赤外) よってγ線、X線、紫外線、 l 地球温暖化ガスとは 可視光、赤外線、マイク 分光学分析 n全ての光学分析には電 1. 紫外・可視吸収スペク 磁波が関わっている。 トル n電磁波は波長の長さに 2. IR(Infra Red、赤外) よってγ線、X線、紫外線、 l 地球温暖化ガスとは 可視光、赤外線、マイク ロ波、ラジオ波などに区 別される。

吸光光度法 透過前の光の強度 I 0 透過後の光の強度 I 吸光度Aは次式で定義される I 0 I A= -log(I/I 0) = e×c×l (ランベルト/ベールの法則) 吸光光度法 透過前の光の強度 I 0 透過後の光の強度 I 吸光度Aは次式で定義される I 0 I A= -log(I/I 0) = e×c×l (ランベルト/ベールの法則) e:モル吸光係数 c:濃度 l: セルの長さ Wikipedi a 分光か らの図 紫外部の測定には重水素放電管(D 2ランプ)を使用し、可視部の測定 にはタングステンランプやハロゲンランプを用いる。 34

紫外・可視吸光スペクトル n 可視部の波長は約360~ 780 nm n 紫外部は可視部よりも低波長側 の約200~ 360 nm n 光が当たるとヒトは物質固有の色 を見ることができる。これは物質が 吸収した波長の光以外の光をヒト 紫外・可視吸光スペクトル n 可視部の波長は約360~ 780 nm n 紫外部は可視部よりも低波長側 の約200~ 360 nm n 光が当たるとヒトは物質固有の色 を見ることができる。これは物質が 吸収した波長の光以外の光をヒト の目が認識するため. n 青色の物質は,青色の補色の光 を吸収している.そのため,青色 の光が反射して目に入いる.これ が青色の物質が青色に見える理 由である。 35

UV・可視吸光スペクトルの例 ウイキペディア,紫外・可視・近赤外分光法の項 目より 36 UV・可視吸光スペクトルの例 ウイキペディア,紫外・可視・近赤外分光法の項 目より 36

紫外可視近赤外分光光度計用セル(藤原製作所のホームページより) 37 (日本分光株式会社のホームページより) 紫外可視近赤外分光光度計用セル(藤原製作所のホームページより) 37 (日本分光株式会社のホームページより)

以下のことについて記述しなさい. n地球温暖化を記述したホームページを4つ 検索し,要約しなさい. üURL名を記述することを忘れないこと. ü内容について,簡単にコメントしなさい. 38 以下のことについて記述しなさい. n地球温暖化を記述したホームページを4つ 検索し,要約しなさい. üURL名を記述することを忘れないこと. ü内容について,簡単にコメントしなさい. 38

アセトアルデヒドの赤外線(IR)スペクトル ü赤外線は分子振動のエネルギーと同 等の電磁波である ü振動モードに応じた特定の赤外線の みが吸収される 39 アセトアルデヒドの赤外線(IR)スペクトル ü赤外線は分子振動のエネルギーと同 等の電磁波である ü振動モードに応じた特定の赤外線の みが吸収される 39

地球温暖化と温室効果ガス ü温室効果ガス(Greenhouse Gas, GHG)  大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸 収することにより温室効果をもたらす気体の総称。 ü水,二酸化炭素,メタンなどがその効果を持っている ü地球温暖化係数   物質 温暖化係数 CO 2 1. 地球温暖化と温室効果ガス ü温室効果ガス(Greenhouse Gas, GHG)  大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸 収することにより温室効果をもたらす気体の総称。 ü水,二酸化炭素,メタンなどがその効果を持っている ü地球温暖化係数   物質 温暖化係数 CO 2 1. 0 CHF 3 CH 4 21 CH 2 CF 2 11, 700 CF 3 CHF 2 650 CF 2 H 2, 800 1, 000 地球温暖化対策の推進に関する法律施行令(平成 11年 4月7日政令第 143号) 40

過去 140年間の気温の変化 産業革命:イギリスで 1760年代から1830年代にかけて始まった 気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)報告から 41 過去 140年間の気温の変化 産業革命:イギリスで 1760年代から1830年代にかけて始まった 気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change、IPCC)報告から 41

過去34万年間の二酸化炭素とメタンの濃度と南極の気温との関係 気温のグラフから,この34万年の間には温暖な「間氷期」が現在を含めて4回あり(黄色く塗ってある期間),それ以外 の時期は寒冷な「氷期」だったことが 分かります。二酸化炭素とメタンの濃度は気温と密接に関係していて,間氷期に 高く氷期に低いことから,気候変動によって温室効果気体の循環が大きく変化し ていたことが分かります。さらに,氷 期から間氷期に向かって気温が急上昇するとき,温室効果気体濃度も同期して急上昇しています。このことは,二酸 42 化炭素 やメタンの濃度上昇による温室効果の強まりが気温の上昇をさらに強めるという「正のフィードバック」が過去 に働いていたことを示唆しています。 「東北大学大学院理学研究科大気海洋変動観測研究センター」のホームページ 過去34万年間の二酸化炭素とメタンの濃度と南極の気温との関係 気温のグラフから,この34万年の間には温暖な「間氷期」が現在を含めて4回あり(黄色く塗ってある期間),それ以外 の時期は寒冷な「氷期」だったことが 分かります。二酸化炭素とメタンの濃度は気温と密接に関係していて,間氷期に 高く氷期に低いことから,気候変動によって温室効果気体の循環が大きく変化し ていたことが分かります。さらに,氷 期から間氷期に向かって気温が急上昇するとき,温室効果気体濃度も同期して急上昇しています。このことは,二酸 42 化炭素 やメタンの濃度上昇による温室効果の強まりが気温の上昇をさらに強めるという「正のフィードバック」が過去 に働いていたことを示唆しています。 「東北大学大学院理学研究科大気海洋変動観測研究センター」のホームページ

次の問に答えなさい 分子の振動スペクトルに関する次の記述 のうち、(ア)と(イ)に入る語句の組合せとし て、正しいものを 1 -5の中から一つ選べ。 分子振動のエネルギー準位の間隔は波 数換算でおよそ 5~5000 cm-1であり、振動 準位の励起では[ ア ]領域の電磁波が吸 収される. 次の問に答えなさい 分子の振動スペクトルに関する次の記述 のうち、(ア)と(イ)に入る語句の組合せとし て、正しいものを 1 -5の中から一つ選べ。 分子振動のエネルギー準位の間隔は波 数換算でおよそ 5~5000 cm-1であり、振動 準位の励起では[ ア ]領域の電磁波が吸 収される. 同じく分子振動の情報を与える ラマン散乱スペクトルにおいて、波長 500 nmのレーザー光を光源に用いた場合 には、入射光からの波数シフトが505000 cm-1の範囲にあるラマン散乱光は[ イ ]領域の電磁波である。 (ア) (イ) 1 赤外 赤外 2 可視光 紫外 3 紫外 可視光 4 可視光 赤外 5 赤外 可視光 分子中に硫黄に原子を含む化合物A(分子量 142) が、硫黄を含まない溶媒 に溶けている。この溶液 中の硫黄は、質量パーセント濃度で 1. 0%であった 溶液中の化合物Aの質量パーセント濃度はいくら か。次の中から最も近いものを一つ選べ。ただし、 硫黄の原子量は 32とする。 1. 1. 1% 2. 2. 3 % 3. 4. 4 % 4. 11 % 5. 23 % ある化合物の、濃度の異なる水溶液AとBがある。 可視光吸収を測定したところ、透過光の強度は、A では入射光の 1/9であり、Bでは入射光の 1/3であっ た。Aにおける化合物の濃度は、Bにおける化合 物の濃度の何倍になるか。次の中から最も近いも のを一つ選べ。ただし、A、 Bは同じ光路長で測定 し、この水溶液の光吸収はランベルト・ベールの法 則に従うものとする。また、log 103=0. 48とする 1. 2. 3. 4. 5. 0. 3 倍 0. 5 倍 2 倍 3 倍 5 倍 43

次の問に答えなさい 密閉容器中で、CH 4 9. 6 gとO 2 48 gの混 合物を完全燃焼させた。このとき、容器中 に存在するすべての化合物の物質量の 合計はどれだけになるか。次の中から最 も近いものを一つ選べ。ただし、Hの原子 量は 次の問に答えなさい 密閉容器中で、CH 4 9. 6 gとO 2 48 gの混 合物を完全燃焼させた。このとき、容器中 に存在するすべての化合物の物質量の 合計はどれだけになるか。次の中から最 も近いものを一つ選べ。ただし、Hの原子 量は 1. 0,Cの原子量は 12,Oの原子量は 16とする。 1. 2. 3. 4. 5. 1. 2 mol 1. 5 mol 1. 8 mol 2. 1 mol 2. 4 mol 吸光光度法に関する次の記述の中から、正しい ものを一つ選べ。 1. 重水素ランプは、主として可視部の測定に使 用される。 2. 石英ガラス製セルは、可視部測定用であり、 紫外部測定用としては使用できない。 3. 光源からの光を分光するために、プリズム、 回折格子などが使われる。 4. タングステンランプは、主として紫外部の測定 に使用される。 5. 測定成分濃度と吸光度とは、反比例の関係 にある。 環境計量士(濃度)試験問題 44

▼ラマン分光法と赤外分光法の違い ラマン分光法以外にも、分子の振動情報より分 子構造を解析する振動分光法に赤外分光法が あります。赤外分光法は、分子の振動エネル ギーに相当する光エネルギーの吸収、赤外吸 収スペクトル(IRスペクトル)を検出する方法で す(図 3)。一方ラマン分光法は、入射光に対して 分子の振動エネルギー( - )だけシフトしたラマ ン散乱を観測します。このため、赤外分光法と ラマン分光法では同じ官能基の振動モードが 同じ波数に検出されます。 ▼ラマン分光法と赤外分光法の違い ラマン分光法以外にも、分子の振動情報より分 子構造を解析する振動分光法に赤外分光法が あります。赤外分光法は、分子の振動エネル ギーに相当する光エネルギーの吸収、赤外吸 収スペクトル(IRスペクトル)を検出する方法で す(図 3)。一方ラマン分光法は、入射光に対して 分子の振動エネルギー( - )だけシフトしたラマ ン散乱を観測します。このため、赤外分光法と ラマン分光法では同じ官能基の振動モードが 同じ波数に検出されます。 L-シスチンのラマン およびIRスペクトルを図 4に示します。原理的な 違いから、ラマン分光法ではS-SやC-C結合の ように分子の振動によって分極率(電子雲)の体 積が大きく変化する対称性のよい振動モードが 強く検出されます。赤外分光法ではC=OやO-H のように振動によって双極子モーメント(電荷の 偏り)が大きい振動モードが非常に強く検出され ます。双方の分析手法を併用することで詳細な 分子構造を解析することが可能です。 図 3 振動エネルギー準位 図 4 L-シスチンのラマンおよびIRスペクトル 45 日本分光㈱のホームページより

次の問いに答えなさい n「化学物質の審査及び製造等の規制に関 する法律」は何を規制する法律か,調べな さい nこの法律により,企業は何をすることが求 められているかを調べなさい 46 次の問いに答えなさい n「化学物質の審査及び製造等の規制に関 する法律」は何を規制する法律か,調べな さい nこの法律により,企業は何をすることが求 められているかを調べなさい 46

物性推算の必要性 n化審法 l 昭和48(1973)年に「化学物質の審査及び製造等の規 制に関する法律」が制定され、新たに製造・輸入され る化学物質について事前に人への有害性などについ て審査するとともに、環境を経由して人の健康を損な うおそれがある化学物質の製造、輸入及び使用を規 制する仕組みが設けられた。 l 30年以上経ってもすべての既存化学物質の安全性の 評価ができなかった。 l 安全性を,情報化学的に推算する必要が 物性推算の必要性 n化審法 l 昭和48(1973)年に「化学物質の審査及び製造等の規 制に関する法律」が制定され、新たに製造・輸入され る化学物質について事前に人への有害性などについ て審査するとともに、環境を経由して人の健康を損な うおそれがある化学物質の製造、輸入及び使用を規 制する仕組みが設けられた。 l 30年以上経ってもすべての既存化学物質の安全性の 評価ができなかった。 l 安全性を,情報化学的に推算する必要が 47

48 48

環境省環境保健部化学物質審査室 木野修宏氏の説明スライド http: //www. env. go. jp/chemi/saicm/forum/090323/2. pdf 49 環境省環境保健部化学物質審査室 木野修宏氏の説明スライド http: //www. env. go. jp/chemi/saicm/forum/090323/2. pdf 49

有機溶媒/水系の分配係数 P 分配係数 P = (有機溶媒相の濃度)/ (水相の濃度) n分配係数:化合物全体の疎水性を表す数値。 分配係数は化合物が水と有機溶媒(n-オクタノ ールが一般的)の二相に溶解したときの平衡 溶解度比を実測した値 n疎水性:水に対する親和性が低い、すなわち水 に溶解しにくい、あるいは水と混ざりにくい物質 または分子(の一部分)の性質の 有機溶媒/水系の分配係数 P 分配係数 P = (有機溶媒相の濃度)/ (水相の濃度) n分配係数:化合物全体の疎水性を表す数値。 分配係数は化合物が水と有機溶媒(n-オクタノ ールが一般的)の二相に溶解したときの平衡 溶解度比を実測した値 n疎水性:水に対する親和性が低い、すなわち水 に溶解しにくい、あるいは水と混ざりにくい物質 または分子(の一部分)の性質の

有機化合物の2相への分配  log P は定量的構造活性相関において必ず用いられる物 性値で,分子と分子の相互作用の大小を考える重要な目安 となっている。  例えば催眠薬にとっての理想の log P は 2とされるなど, 薬物が活性部位に結合するか否かの尺度となっている(山 川ほか,「メディシナルケミストリー」,p. 34,講談社)。また, 有機化合物の2相への分配  log P は定量的構造活性相関において必ず用いられる物 性値で,分子と分子の相互作用の大小を考える重要な目安 となっている。  例えば催眠薬にとっての理想の log P は 2とされるなど, 薬物が活性部位に結合するか否かの尺度となっている(山 川ほか,「メディシナルケミストリー」,p. 34,講談社)。また, におい分子や味分子の化学構造と活性を考える上でも重要 な指標としてしばしば取り上げられる。 メチルレッド log Pow= -0. 66 (推定値) メチルオレンジ log Pow=3. 83 (推定値) 写真1 指示薬を用いたオクタノー ル/水系の分層実験の例(左:メチ ルレッド,右:メチルオレンジ). 51

オクタノール/水系の分配係数 P オクタノール/水系の分配係数 P

次の化合物のLog Pを調べなさい http: //www. chemexper. com/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 酢酸 次の化合物のLog Pを調べなさい http: //www. chemexper. com/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 酢酸 トルエン ホルマリン ニトロベンゼン フェノール アスピリン PCB 8. アセチレン 9. イソフラボン 10. エタノール 11. ビスフェノール-A 12. テレフタル酸 53

定量的構造活性相関(QSAR) n 定量的構造活性相関( quantitative structureactivity relationship) n ハンシュ(Hansch)-藤田の 式,着目している生物活性 を引き起こす薬物濃度C log (1/C ) =aπ2+bπ+ρσ+c. 定量的構造活性相関(QSAR) n 定量的構造活性相関( quantitative structureactivity relationship) n ハンシュ(Hansch)-藤田の 式,着目している生物活性 を引き起こす薬物濃度C log (1/C ) =aπ2+bπ+ρσ+c. Es+d (a,b,ρ,c,d は適用する系 によって決まる定数) n ここで疎水性因子 π は, 薬物の母化合物(着目 している置換基が結合 していない化合物)のオ クタノール/水系の分 配係数 PH と,母化合 物に置換基Xが結合し た化合物のオクタノール (C 8 H 17 OH)/水系の 分配係数 PX から次式 で規定される。 π=log PX-log PH  =log ( PX / PH )

n http: //esc. syrres. com/interkow/int erkow. exe? CAS=(1746 -01 -6) ( )の部分を他のCAS番号に変え て,それを入力する. n http: n http: //esc. syrres. com/interkow/int erkow. exe? CAS=(1746 -01 -6) ( )の部分を他のCAS番号に変え て,それを入力する. n http: //webbook. nist. gov/cgi/cbook. cgi? ID=(1746 -01 -6) (  )の部分をCAS番号に変えると NISTのデータベースにアクセスさ れ,データが表示される. 55

Log Pを用いた予測 n 生分解性と生物濃縮性の予測システム(BCF, 魚類への生物濃縮倍率)  Log. BCF = 0. 76 log. Pow - 0. Log Pを用いた予測 n 生分解性と生物濃縮性の予測システム(BCF, 魚類への生物濃縮倍率)  Log. BCF = 0. 76 log. Pow - 0. 76 n 生態毒性予測システム – 化学物質の部分構造から魚類急性毒性試 験における半数致死濃度(LC 50)及びミジ ンコ遊泳阻害試験における半数影響濃度( EC 50)を予測

情報化学とは n プログラムのダウンロード l Symyx. Draw 3. 3  分子構造を描くために必要なソフトウエ ア.国際命名法に基づいた化合物名の作 成,Smiles表記,Molファイルの作成が可 能 57 情報化学とは n プログラムのダウンロード l Symyx. Draw 3. 3  分子構造を描くために必要なソフトウエ ア.国際命名法に基づいた化合物名の作 成,Smiles表記,Molファイルの作成が可 能 57