Скачать презентацию IHE 放射線部門ワークフロー 概要 Andrei Leontiev IDX Systems Corporation Скачать презентацию IHE 放射線部門ワークフロー 概要 Andrei Leontiev IDX Systems Corporation

131e81dc3dd3312ec2632fcace2d81e6.ppt

  • Количество слайдов: 73

IHE 放射線部門ワークフロー: 概要 Andrei Leontiev IDX Systems Corporation Co-Chair, IHE Technical Committee (翻訳:IHE-J技術検討委員会 篠田) IHE-Jベンダーワークショップ IHE 放射線部門ワークフロー: 概要 Andrei Leontiev IDX Systems Corporation Co-Chair, IHE Technical Committee (翻訳:IHE-J技術検討委員会 篠田) IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

患者情報の整合性統合プロファイル 通常検査のワークフロー Admit, order, schedule, acquire images, notify of completed steps 患者 情報の 整合性 患者情報の整合性統合プロファイル 通常検査のワークフロー Admit, order, schedule, acquire images, notify of completed steps 患者 情報の 整合性 Unknown patients and unscheduled orders 2 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

“通常の” ワークフローの プロセスの概要 • トピックス: – IHEにおけるHL 7アクターとトランザクション – DICOMアクターとトランザクション – 通常のワークフローのプロセス – 患者情報とオーダの更新プロセス “通常の” ワークフローの プロセスの概要 • トピックス: – IHEにおけるHL 7アクターとトランザクション – DICOMアクターとトランザクション – 通常のワークフローのプロセス – 患者情報とオーダの更新プロセス – 患者情報の整合性 – まとめ 3 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

IHEにおけるHL 7アクター: • <MPI> • ADT/Patient Registration • Order Placer • DSS / Order IHEにおけるHL 7アクター: • • ADT/Patient Registration • Order Placer • DSS / Order Filler • Image Manager 4 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

ADTアクター 5 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 ADTアクター 5 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

ADTアクター • 4. 1 – 患者登録のトランザクション – Send • Admit: A 01 (In Patient), ADTアクター • 4. 1 – 患者登録のトランザクション – Send • Admit: A 01 (In Patient), A 04 (Out Patient), A 05 (Pre. Admission) • Cancel: A 11 (Cancel Admit), A 38 (Cancel Preadmit) 6 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

ADTアクター (続き) • 4. 12 – ADT患者情報の更新トランザクション – Send • Transfer: A 02 (Patient ADTアクター (続き) • 4. 12 – ADT患者情報の更新トランザクション – Send • Transfer: A 02 (Patient Transfer) • Update Patient Class: A 03 (Discharge), A 06(Outpatient becomes Inpatient), A 07 (Inpatient becomes Outpatient) • Update Patient Information: A 08 (Update) • Merge Patients: A 40 (Merge) • Cancel: A 12 (Cancel Transfer), A 13 (Cancel Discharge) 7 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

オーダ発行アクター 8 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 オーダ発行アクター 8 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

オーダ発行アクター • 4. 2 – 発行オーダ管理トランザクション – Send • New Order: ORM/NW (New Order) オーダ発行アクター • 4. 2 – 発行オーダ管理トランザクション – Send • New Order: ORM/NW (New Order) • Cancel: ORM/CA (Cancel Order), ORM/DC (Discontinue) 9 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

オーダ発行アクター (続き) • 4. 1 – 患者登録のトランザクション – Receive • A 01 (In Patient), オーダ発行アクター (続き) • 4. 1 – 患者登録のトランザクション – Receive • A 01 (In Patient), A 04 (Out Patient), A 05 (Pre-Admission), A 11 (Cancel Admit), A 38 (Cancel Preadmit) • 4. 12 – 患者情報の更新トランザクション – Receive • A 02 (Patient Transfer), A 03 (Discharge), A 06(Outpatient becomes Inpatient), A 07 (Inpatient becomes Outpatient), A 08 (Update), A 12 (Cancel Transfer), A 13 (Cancel Discharge), A 40 (Merge) • 4. 3 – 実施オーダ管理のトランザクション – Receive • ORM/SN (New Order), ORM/SC (Status Update), ORM/OC (Cancel Order) 10 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

DSS / オーダ実施アクター 11 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 DSS / オーダ実施アクター 11 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

部門システムスケジューラ (DSS)/オーダ実施アクター • 4. 3 – 発行実施管理トランザクション – Send • • • New Order: 部門システムスケジューラ (DSS)/オーダ実施アクター • 4. 3 – 発行実施管理トランザクション – Send • • • New Order: ORM/SN (New Order) Order Status: ORM/SC (Status Change) Cancel: ORM/OC (Cancel Order) • 4. 4 – 手技の予約トランザクション – Send • ORM (procedure scheduled) • 4. 13 – 手技の更新トランザクション – Send • ORM (procedure updated) 12 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

DSS/オーダ実施アクター (続き) • 4. 1 – 患者登録のトランザクション – Receive • A 01 (In Patient), DSS/オーダ実施アクター (続き) • 4. 1 – 患者登録のトランザクション – Receive • A 01 (In Patient), A 04 (Out Patient), A 05 (Pre-Admission), A 11 (Cancel Admit), A 38 (Cancel Preadmit) • 4. 12 – 患者情報の更新トランザクション – Receive • A 02 (Patient Transfer), A 03 (Discharge), A 06(Outpatient becomes Inpatient), A 07 (Inpatient becomes Outpatient), A 08 (Update), A 12 (Cancel Transfer), A 13 (Cancel Discharge), A 40 (Merge) • 4. 2 – 発行オーダ管理トランザクション – Receive • ORM/NW (New Order), ORM/CA (Cancel Order), ORM/DC (Discontinue) 13 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

事務処理の通常の流れ 14 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 事務処理の通常の流れ 14 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

手技の実行の通常の流れ 15 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 手技の実行の通常の流れ 15 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

オーダ入以前の 患者情報の更新 16 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 オーダ入以前の 患者情報の更新 16 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

オーダ入力後の 患者情報の更新 17 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 オーダ入力後の 患者情報の更新 17 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

手技の予約後の患者情報の更新 18 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 手技の予約後の患者情報の更新 18 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

オーダ発行部でのオーダの入れ替え 19 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 オーダ発行部でのオーダの入れ替え 19 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

DSS/オーダ実施部でのオーダの入れ替え X 20 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 DSS/オーダ実施部でのオーダの入れ替え X 20 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

画像情報の管理 • 情報システム、PACS、モダリティ間での通信 • 利用されるDICOMサービス: – Modality Worklist Management (MWL(M)) – Modality Performed Procedure 画像情報の管理 • 情報システム、PACS、モダリティ間での通信 • 利用されるDICOMサービス: – Modality Worklist Management (MWL(M)) – Modality Performed Procedure Step (PPS) – Storage Commitment – Query/Retrieve 21 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

IHEの通常検査のワークフローの概念 IHEはこの部分と他のワークフローのプロセスに焦点を当てた。 その際3つの明確なHL 7/DICOM 用語を選んでいる : その際3つの明確な オーダ(依頼) : 放射線検査サービスの依頼 依頼済み手技 : コード化され、課金可能な一つのレポートにまとめられる作業の      単位 IHEの通常検査のワークフローの概念 IHEはこの部分と他のワークフローのプロセスに焦点を当てた。 その際3つの明確なHL 7/DICOM 用語を選んでいる : その際3つの明確な オーダ(依頼) : 放射線検査サービスの依頼 依頼済み手技 : コード化され、課金可能な一つのレポートにまとめられる作業の      単位 手技のステップ : ワークフローの中の最小の作業単位: 予約済み手技のステップ: ‘実施される作業の単位’ 実施された手技のステップ: ‘実行された作業の単位’

IHEはこの問題に焦点を当てた ユーザ向けの3レベルのワークフローの構造的概念: オーダ: 画像検査サービスの依頼 (Accession Number) 依頼済み手技 : 関連するコード化、課金可能な 1レポートにまとめられる作業の単位 臨床医または 参照医師: 画像検査部門の顧客 放射線科医 IHEはこの問題に焦点を当てた ユーザ向けの3レベルのワークフローの構造的概念: オーダ: 画像検査サービスの依頼 (Accession Number) 依頼済み手技 : 関連するコード化、課金可能な 1レポートにまとめられる作業の単位 臨床医または 参照医師: 画像検査部門の顧客 放射線科医 : レポート作成を担当 (Requested Procedure ID) 手技のステップ : ワークフローにおける 最小の作業単位(modality worklist entry) 臨床放射線技師(および放 射線科医) 画像撮影、その他を担当

通常のワークフロー 典型的な流れ: 1オーダ – 1手技 – 1レポート 放射線部門 オーダ 画像検査に対 する依頼 依頼済み手 レポート 技 通常のワークフロー 典型的な流れ: 1オーダ – 1手技 – 1レポート 放射線部門 オーダ 画像検査に対 する依頼 依頼済み手 レポート 技 画像検査モダリティ 1乃至それ 以上の画像 のシリーズ コード化、課 金可能な行 為の集合

複数のモダリティステップ DICOM モダリティ作業リスト オーダ 予約済み手技 のステップ A 画像検査の依 頼 依頼済み手 技 1 予約済み手技 のステップ 複数のモダリティステップ DICOM モダリティ作業リスト オーダ 予約済み手技 のステップ A 画像検査の依 頼 依頼済み手 技 1 予約済み手技 のステップ B DICOM モダリティ作業リスト 放射線部門 実施済み 手技のステ ップ P 1 1乃至それ 以上の画像 のシリーズ 実施済み手 Acquisition 技のステップ Modality P 1 1乃至それ 以上の画像 のシリーズ 画像撮影 モダリティ レポート コード化、課 金可能な 行為の集合

Aアクターとトランザクション Image Creator Image Display Query Images 10 Storage Commitment 14 Retrieve Images Department Aアクターとトランザクション Image Creator Image Display Query Images 10 Storage Commitment 14 Retrieve Images Department System Scheduler / Order Filler 16 Image Archive Image Manager 8 Modality Images Stored 11 Image Availability Query Modality/Creator. Procedure Step 7 6 In-Progress 21 20 /Completed. Modality Worklist Provided 5 18 Creator Images Stored Modality/Creator. Procedure Step 7 6 In-Progress Performed /Completed. 21 Procedure Step 20 Manager Mod. Procedure 10 Storage Commitment Step In-Progress 6 /Completed 7 20 21 Creator Procedure Step In-Progress/Completed Acquisition Modality 26 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

モダリティ作業リスト 27 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 モダリティ作業リスト 27 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

MWL(M)アクターとトランザクション Image Creator Image Display Department System Scheduler / Order Filler Image Manager Image MWL(M)アクターとトランザクション Image Creator Image Display Department System Scheduler / Order Filler Image Manager Image Archive Performed Procedure Step Manager Modality Worklist Provided 5 Acquisition Modality 28 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

モダリティ作業リスト • MWLは、情報システムの管理するデータとモダリ ティとを統合することを可能とする • 患者情報、予約、および診療データ(例えば、患 者名/ID、処置の日付/時間、手技のコード、アクセ ッション番号、依頼済み手技のID、・・・)を含む画 像検査の手技の準備 • 画像生成場面での新たなデータ入力を避けタイプ エラーを避ける • MWLは モダリティ作業リスト • MWLは、情報システムの管理するデータとモダリ ティとを統合することを可能とする • 患者情報、予約、および診療データ(例えば、患 者名/ID、処置の日付/時間、手技のコード、アクセ ッション番号、依頼済み手技のID、・・・)を含む画 像検査の手技の準備 • 画像生成場面での新たなデータ入力を避けタイプ エラーを避ける • MWLは “片道行” (すなわち、情報システムからモ ダリティへ) DICOM画像中のHIS/RISデータを含むばかりでなく、 ワークフローが“なすべき作業を取得する”ことを可能とする 29 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

モダリティ作業リスト C-FIND-RQ (with matching and return keys) Modality C-FIND-RSP (one per match plus final モダリティ作業リスト C-FIND-RQ (with matching and return keys) Modality C-FIND-RSP (one per match plus final response) DSS/ Order Filler • DSSとモダリティに対する要求されたマッチング とリターンキーを明確に定義 – DSSが何をマッチングすべきかの応答をフィルターす るためにモダリティが何を利用するか – モダリティは何をDSSに返せ(MWLで表示するために) と要求するか/DSSは何を返せるべきか 30 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

実行済み手技のステップ 31 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 実行済み手技のステップ 31 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

PPS Actors and Transactions Image Creator Image Display Department System Scheduler / Order Filler PPS Actors and Transactions Image Creator Image Display Department System Scheduler / Order Filler Modality/Creator. Procedure Step 7 6 In-Progress /Completed. 21 20 Image Manager Performed Procedure Step Manager Image Archive Modality/Creator. Procedure Step 7 6 In-Progress /Completed. 21 20 20 21 Creator Procedure Step In-Progress/Completed Mod. Procedure Step In-Progress 6 /Completed 7 Acquisition Modality 32 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Performed Procedure Step • Applies to Modality and Image Creator • Convey details about Performed Procedure Step • Applies to Modality and Image Creator • Convey details about procedure step(s) performed • Conveys detailed statuses such as “in progress”, “completed” and “discontinued” • Provides “return trip” feedback such as: – Scheduled information obtained via MWL – What, when, and how was the procedure performed – Accession Number, Patient Name/ID, procedure step codes, radiation dose values, material management data – List of images acquired/created, Study Instance UID …. Not only tells that the performed step is complete, But closes the workflow: “acquisition/creation work done” 33 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Performed Procedure Step Modality or Image Creator • • • N-CREATE (scheduled info, status Performed Procedure Step Modality or Image Creator • • • N-CREATE (scheduled info, status of “in progress”) N-SET (performed info, status of “completed”) DSS or Image Manager Simple Case (1 SPS results in 1 PPS) Unscheduled Case (0 SPS results in 1 PPS) Append Case (1 SPS results in n PPS) Group Case (n SPS results in 1 PPS) Abandoned Case (1 SPS results in 1 abandoned PPS) • Group Case with Presentation of Grouped Procedures (n SPS results in 1+n PPS) Volume II, Appendix A 34 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Images Stored IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 Images Stored IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Images Stored Actors and Transactions Image Creator Image Display 18 Creator Images Stored Department Images Stored Actors and Transactions Image Creator Image Display 18 Creator Images Stored Department System Scheduler / Order Filler Image Archive Image Manager 8 Modality Images Stored Performed Procedure Step Manager Acquisition Modality 36 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Images Stored Modality or Image Creator C-STORE (Images Stored) Image Archive • Applies to Images Stored Modality or Image Creator C-STORE (Images Stored) Image Archive • Applies to Modality and Image Creator • Scheduled Procedure Step and Requested Procedure information is recorded. 37 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Storage Commitment 38 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 Storage Commitment 38 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Storage Commitment Actors and Transactions Image Creator Image Display 10 Storage Commitment Department System Storage Commitment Actors and Transactions Image Creator Image Display 10 Storage Commitment Department System Scheduler / Order Filler Image Archive Image Manager Performed Procedure Step Manager 10 Storage Commitment Acquisition Modality 39 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Storage Commitment • Modalities and image creators obtain explicit agreement from a storage device Storage Commitment • Modalities and image creators obtain explicit agreement from a storage device (i. e. archive, etc. ) that images (and other objects) will be reliably stored • The duration of storage is defined by the storage device product • Facilitates automated or simplified deletion of images on modalities, workstations, etc. Avoids accidental deletion of images on modalities and workstations 40 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Storage Commit. - Push Model C-STORE operations …. Modality or Image Creator N-ACTION - Storage Commit. - Push Model C-STORE operations …. Modality or Image Creator N-ACTION - (list of referenced image UIDs) N-EVENT-REPORT - (success or failure) Image Manager • Images (or objects) are pushed to storage device • N-ACTION provides a list of UIDs for objects to be reliably stored (may be different AE than storage) • N-EVENT-REPORT confirmation from Storage to Modality • Implementations must design for transactions being on multiple associations • When N-EVENT-REPORT is sent by Storage Device is product dependent and may be hours after NACTION 41 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Image Availability Query 42 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 Image Availability Query 42 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Image Availability Query Actors and Transaction Image Creator Image Display Department System Scheduler / Image Availability Query Actors and Transaction Image Creator Image Display Department System Scheduler / Order Filler Image Manager Image Archive 11 Image Availability Query Performed Procedure Step Manager Acquisition Modality 43 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Image Availability Query • Allows DSS to know when acquired images have reached Image Image Availability Query • Allows DSS to know when acquired images have reached Image Archive and are ready to be interpreted • Minimizes delays in workflow • MPPS does not guarantee that images were sent to the Archive or will ever be • No notification mechanism in DICOM • Specialized Query (C-FIND) is defined 44 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Image Availability Query DSS/ Order Filler C-FIND-RQ (with matching keys) C-FIND-RSP (matches with return Image Availability Query DSS/ Order Filler C-FIND-RQ (with matching keys) C-FIND-RSP (matches with return keys) Image Manager • Instance UID returned in the query response signifies availability. • Storage Location - a system that is a holder of images at a particular period in time (AE Title). • Instance Availability - a period of time for images to be moved from a storage location to be ready for distribution (OFFLINE, NEARLINE, ONLINE 45 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Image Query/Retrieve 46 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 Image Query/Retrieve 46 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Query/Retrieve Actors and Transaction Image Creator Image Display Query Images Department System Scheduler / Query/Retrieve Actors and Transaction Image Creator Image Display Query Images Department System Scheduler / Order Filler 14 Retrieve Images System Database Image Manager 16 Image Archive Performed Procedure Step Manager Acquisition Modality 47 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Query Retrieve of Images Image Display C-FIND-RQ (with matching and return keys) C-FIND-RSP (matches Query Retrieve of Images Image Display C-FIND-RQ (with matching and return keys) C-FIND-RSP (matches with return keys) Image Archive Defines Matching keys for response filtering by Image Archive r Defines Return keys to be requested by Image Display r Defines Returned attributes by Image Archive in query responses r Defines Returned attributes required to be displayed on Image Display r 48 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

IHE Generic Keys for Query Retrieve of: - Images - GSPS - SR R IHE Generic Keys for Query Retrieve of: - Images - GSPS - SR R = Required by DICOM R+ = IHE-2 Requirement to be displayed or entered (SCU), to be returned(SCP) 49 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Image Specific Query Matching and Return Keys 50 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 Image Specific Query Matching and Return Keys 50 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Patient Information Reconciliation 患者情報の整合性 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 Patient Information Reconciliation 患者情報の整合性 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

“意識不明患者の場合” • 救急患者 • 患者IDがない(分からない): – 意識不明 – 生命が危険な状態 – 緊急の処置が必要な場合ー登録の時間が惜 しい – オーダーがない、処置の予定がされてない “意識不明患者の場合” • 救急患者 • 患者IDがない(分からない): – 意識不明 – 生命が危険な状態 – 緊急の処置が必要な場合ー登録の時間が惜 しい – オーダーがない、処置の予定がされてない 52 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

“現実”のシナリオ • 患者が放射線部門に送られそこで仮の患 者IDと名前が割り当てられる • 次いで、オーダーがDSS/オーダ実施部で 入力されて撮影がモダリティで実行される 53 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 “現実”のシナリオ • 患者が放射線部門に送られそこで仮の患 者IDと名前が割り当てられる • 次いで、オーダーがDSS/オーダ実施部で 入力されて撮影がモダリティで実行される 53 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

“現実”のシナリオ • 画像管理装置は部門で発行された患者ID を画像またはMPPSから得る • DSS/オーダ実施部はオーダーメッセージ をオーダ発行部に送る • ADTは部門で発行された患者IDを知らな い 54 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 “現実”のシナリオ • 画像管理装置は部門で発行された患者ID を画像またはMPPSから得る • DSS/オーダ実施部はオーダーメッセージ をオーダ発行部に送る • ADTは部門で発行された患者IDを知らな い 54 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

“現実”のシナリオ • ADTが最終的に患者情報を登録または整 合を取ると、患者情報を更新するメッセー ジをすべてのシステムへ送信 • それぞれのシステムはADTから提供され る情報によって部門の患者記録の整合を 図る • 複数の地点での整合性の維持 • 一つ以上の部門がある場合は大変 55 “現実”のシナリオ • ADTが最終的に患者情報を登録または整 合を取ると、患者情報を更新するメッセー ジをすべてのシステムへ送信 • それぞれのシステムはADTから提供され る情報によって部門の患者記録の整合を 図る • 複数の地点での整合性の維持 • 一つ以上の部門がある場合は大変 55 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

現状の課題 • 氏名不詳の患者情報は全医療機関にも部 門にも、すべてのシステムに的確に入力さ れていなければならない • システムへの手入力は高い確率で誤入力 につながる • ADTから与えられた情報はローカルな情 報とミスマッチである場合の可能性が高い 56 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 現状の課題 • 氏名不詳の患者情報は全医療機関にも部 門にも、すべてのシステムに的確に入力さ れていなければならない • システムへの手入力は高い確率で誤入力 につながる • ADTから与えられた情報はローカルな情 報とミスマッチである場合の可能性が高い 56 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

現状の課題ー続き • それぞれのシステムはADTから提供され た情報を、始めに登録された患者記録に マニュアルで統合する必要がある • 複数の地点での整合ーデータの同期をと れないという高いリスクを生ずる • ADTから与えられた情報はローカルな情 報とミスマッチである場合の可能性が高い 57 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 現状の課題ー続き • それぞれのシステムはADTから提供され た情報を、始めに登録された患者記録に マニュアルで統合する必要がある • 複数の地点での整合ーデータの同期をと れないという高いリスクを生ずる • ADTから与えられた情報はローカルな情 報とミスマッチである場合の可能性が高い 57 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者のユースケース • ADTで救急患者を事前登録するローカル ルールがある場合 (“John Doe”, “Jane Doe”): – ケース 1: 氏名不詳患者がADTで登録されオ ーダー発行アクターでオーダーが発行される – 氏名不詳患者のユースケース • ADTで救急患者を事前登録するローカル ルールがある場合 (“John Doe”, “Jane Doe”): – ケース 1: 氏名不詳患者がADTで登録されオ ーダー発行アクターでオーダーが発行される – ケース 2: 氏名不詳患者がADTで登録され、 オーダーがDSS/オーダ実施部で発行される – ケース 3: 氏名不詳患者がADTで登録される が、オーダーが発行される前に撮影が完了す る 58 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者のユースケース • 救急患者の登録を部門発行のIDで行うこ とを認めている場合: – ケース 4: 氏名不詳患者に仮部門IDが割り当 てられDSS/オーダ実施部でスケジュール化さ れる – ケース 5: 仮の部門IDを割り当てたりオーダー 氏名不詳患者のユースケース • 救急患者の登録を部門発行のIDで行うこ とを認めている場合: – ケース 4: 氏名不詳患者に仮部門IDが割り当 てられDSS/オーダ実施部でスケジュール化さ れる – ケース 5: 仮の部門IDを割り当てたりオーダー を出す前に画像撮影を終わらせる(モダリティ で患者IDを入れる) 59 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者 – ケース 1 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager 氏名不詳患者 – ケース 1 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager Modality Register J. Doe Patient Registration [1] Placer Order Mgmt New. Order [2] Schedule Procedure Scheduled [4] Images Acquired MWL Provided [5] Patient Reconciliation J. Doe -> J. Smith Patient Update [12] Modality Procedure Step Completed [7] Patient Update [12] 60 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

患者名/IDのパス – ケース 1 61 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 患者名/IDのパス – ケース 1 61 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者 – ケース 2 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager 氏名不詳患者 – ケース 2 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager Modality Register J. Doe Patient Registration [1] Filler Order Mgmt New Order[3] Schedule Procedure Scheduled [4] Images Acquired MWL Provided [5] Patient Reconciliation J. Doe -> J. Smith Patient Update [12] Modality Procedure Step Completed [7] Patient Update [12] 62 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

患者名/IDのパス – ケース 2 63 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 患者名/IDのパス – ケース 2 63 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者 – ケース 3 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager 氏名不詳患者 – ケース 3 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager Modality Register J. Doe Images Acquired Patient Registration [1] Modality Procedure Step Completed [7] Filler Order Mgmt New Order [3] Schedule Procedure Scheduled [4] Patient Reconciliation J. Doe -> J. Smith Patient Update [12] 64 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者 – ケース 3 65 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 氏名不詳患者 – ケース 3 65 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者 – ケース 4 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager 氏名不詳患者 – ケース 4 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager Modality Schedule Procedure for J. Doe Procedure Scheduled [4] Images Acquired MWL Provided [5] Modality Procedure Step Completed [7] Register J. Smith Patient Registration [1] Patient Reconciliation J. Doe -> J. Smith Patient Update [12] Filler Order Mgmt New Order [3] 66 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

患者名/IDのパス – ケース 4 67 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 患者名/IDのパス – ケース 4 67 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

氏名不詳患者 – ケース 5 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager 氏名不詳患者 – ケース 5 Order Placer ADT Department System Database/Scheduler/ Order Filler Image Manager Modality Images Acquired for J. Doe Modality Procedure Step Completed [7] Register J. Smith Patient Registration [1] Patient Reconciliation J. Doe -> J. Smith Patient Update [12] Filler Order Mgmt Schedule Procedure New Order [3] Procedure Scheduled [4] 68 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

患者名/IDのパス – ケース 5 69 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日 患者名/IDのパス – ケース 5 69 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

システム要求 • 登場するシステム - ADT, オーダ発行部, オーダ実施部, 画像管理部はHL 7メッセー ジによって更新情報を通信する • すべてのシステムはADT^A 40をサポート する必要あり: システム要求 • 登場するシステム - ADT, オーダ発行部, オーダ実施部, 画像管理部はHL 7メッセー ジによって更新情報を通信する • すべてのシステムはADT^A 40をサポート する必要あり: – 新しい患者IDはPID-3フィールドへ – 旧患者IDはMRG-1 フィールドへ • 患者IDのデータタイプはCXであること • 患者IDを割り当てる権限が与えられている こと 70 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

システム要求 • オーダ実施部と画像管理装置はDICOM のMPPSによって、IDの割当権限ないシス テムからの患者IDに出くわすことがある • オーダ実施部と画像管理装置はIDの割当 権限が仮定されることになる (配置換えが 可能だが、同じ機能であること) • オーダ実施部と画像管理装置は正しい患 者IDを認識できること 71 システム要求 • オーダ実施部と画像管理装置はDICOM のMPPSによって、IDの割当権限ないシス テムからの患者IDに出くわすことがある • オーダ実施部と画像管理装置はIDの割当 権限が仮定されることになる (配置換えが 可能だが、同じ機能であること) • オーダ実施部と画像管理装置は正しい患 者IDを認識できること 71 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

方針としての要求事項 • 医療機関は救急患者のADTでの事前登 録があり得るか否かを選択する必要があ る • オーダ実施部と画像管理部は同様のID割 当権限を付与されるべきである • オーダ実施部は仮の患者IDと正しい患者 IDとを区別できるようにすること • ケース 4と 方針としての要求事項 • 医療機関は救急患者のADTでの事前登 録があり得るか否かを選択する必要があ る • オーダ実施部と画像管理部は同様のID割 当権限を付与されるべきである • オーダ実施部は仮の患者IDと正しい患者 IDとを区別できるようにすること • ケース 4と 5では、 オーダ実施部はオーダ ーを出す前に患者情報を整合しなければ ならない 72 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日

Questions? Documents Available On the Web at: www. rsna. org/IHE or www. himss. org Questions? Documents Available On the Web at: www. rsna. org/IHE or www. himss. org 73 IHE-Jベンダーワークショップ 2002年 11月6日